EPA摂取による血液さらさら効果

EPA摂取による血液さらさら効果

EPA摂取による血液さらさら効果

EPAとは正式名称「エイコサペンタエン酸」という脂肪酸の一種です。脂というとあまり健康によくないというイメージがあるかもしれませんが、このEPAは特に魚類に多く含まれている物質で、人の体にとってはよい影響をもたらす脂であることが知られています。現在の日本人は昔と比べて食事から魚を摂取する量が減り、肉や油分を多く含む甘いものなどの摂取量が増えています。そのため、1日に必要なEPAを十分に摂取できていない状況になっています。
生活習慣病や心筋梗塞・脳梗塞などの患者数の増加も、こうした食生活の変化がおおいに関係していると考えられています。健康的な生活を送るために、EPAの摂取は不可欠です。
サプリメントなどでも様々なメーカーから販売されていますし、医薬品としても承認されて処方されています。
EPAには具体的にどのような効果があるのでしょうか。有名なのは脂質低下作用や血液をさらさらにする作用です。脂質の中でも特に中性脂肪を下げる効果が高いです。血管がつまってしまうと心筋梗塞や脳卒中など重篤な疾患を引き起こすおそれがありますが、EPAを摂取することで血管をつまりやすくするドロドロ血液や動脈硬化を改善させ、血管のつまりを予防することができます。

 

悪玉コレステロールを下げるサプリ

ホーム RSS購読 サイトマップ